ラグビートップチャレンジ(TC)リーグの釜石シーウェイブス(SW)RFCの選手らは30日、釜石市と大槌町の小中学校17校で地元最終戦となる11月4日の栗田工業戦をPRした。同日は午後2時に同市鵜住居(うのすまい)町の釜石鵜住居復興スタジアムでキックオフ。中学生以下は無料観戦できる。

 同市小佐野町の小佐野小では同校教諭の佐々木拓磨(33)、伊藤優駿(まさとし)(24)、ケイン・コテカ(24)、ニック・ユースト(21)の4選手らが登校してきた児童たちにチラシを手渡し「応援お願いします」と呼び掛けた。

 第1ステージ暫定5位の釜石SWは同試合で勝ち点5を挙げれば4位に浮上し、4季ぶりとなるトップリーグ(TL)との入れ替え戦進出が決まる。佐々木選手は「大事な試合で熱い戦いになる。みんな全力でプレーするのでぜひ見に来てほしい」と闘志を燃やす。

 入場券は前売り、当日ともに一般2千円、高校生・大学生が800円。同市鈴子町のシープラザ釜石内のチーム事務所やチケットぴあなどで購入できる。