昔ながらの結婚式の様子を再現する花嫁道中は28日、北上市立花のみちのく民俗村で行われた。

 同日まで2日間開かれたみちのく民俗まつりのイベントの一つで、3年ぶりに実施。8月に結婚式を挙げた同市柳原町の市職員平野岩樹さん(35)、北上ケーブルテレビ社員の千秋さん(30)夫妻が同市川岸から人力車に乗り、大勢に見送られて民俗村に向かった。

 かやぶきの古民家が並ぶ民俗村内では、ちょうちん持ちや長持ちなどに続き、長持唄や餅つき唄をバックに優雅に練り歩いた。南部曲がり屋の旧北川家住宅で三三九度を行い、夫婦と家族の繁栄を願った。