二戸地域の若手カーリング愛好者らは競技普及に向けた新組織「ミライリンク」(高田将洋代表)を立ち上げた。11月にオリンピアンを二戸市に招いた初心者向け体験教室を開き、活動を本格化。ファン拡大や地域活性化、世界で活躍する選手育成のきっかけづくりを目指し、カーリングのまちを盛り上げる。

 ミライリンクは、同市のカシオペアカーリング協会(新毛国信会長)の若手会員ら10人で今月結成。団体名には競技を通じ、地域や人がつながる思いを込めた。市の交付金50万円を活用し、事務局はカシオペアFMに置く。

 11月10日に同市仁左平の県北青少年の家で開く体験教室では、平昌(ピョンチャン)五輪カーリング男子代表の両角(もろずみ)公佑選手(ANAビジネスソリューション所属)が講師を務める。教室は午前10時半と午後2時から事前申し込み制で各回定員50人(無料)。正午からはトークやサイン会も開く。

 体験教室の申し込み、問い合わせは事務局(0195・43・3461)へ。