滝沢市砂込の盛岡大(徳田元学長)栄養学部4年の3人は、第5回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト(日本糖尿病協会主催)の東北地区最終選考で、最優秀賞に次ぐ優秀賞に輝いた。県産雑穀や滝沢スイカを使って、食事療法が必要な糖尿病患者向けの献立を考案。3人は管理栄養士を目指しており、今回の評価に「学んだ成果を発揮できた」と自信を深めている。

 メンバーは清水麻由さん(22)、菅原朱里(あかり)さん(21)、金野光夏(みか)さん(22)。日本糖尿病療養指導士で同学部の木村京子准教授(臨床栄養学)ゼミでの学習を生かし、コンテストに挑戦した。

 献立は血糖値の上昇を緩和する酢や雑穀の活用を意識。雑穀米のり巻きやスイカのゼリー、パプリカの酢漬けなど1食分5品で、野菜中心ながら食べ応えのある品ぞろえにした。

優秀賞を受賞した(左から)清水麻由さん、菅原朱里さん、金野光夏さん

 コンテストは栄養士を志す学生が対象で、全国47校241件の応募があった。書類審査を経て東北、関西、九州の3地区に分かれた最終選考を実施。東北地区では9月、東北・関東の4チームが仙台市で選考に臨み、調理技術や出来栄えを競った。