盛岡市大通のベンチャー企業リコネクトリレーションズ(富樫建社長)は11月1日、同市中心部でシェアサイクル事業を始める。ソフトバンクグループと提携し、同グループの「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」を本県に初導入。市内15カ所にサイクルポート(拠点)を設け電動自転車を配置する。予約、利用、支払いはスマートフォンなどで行い、どの拠点でも返却できる。海外ではクリーンな交通システムとして定着しており、増加する訪日外国人客の需要も狙う。

 同市中心部の大型施設やコンビニエンスストア駐車場など15カ所に拠点を設け、電動自転車約50台を配置。パソコンやスマホで登録すれば誰でも予約、利用できる。料金は15分ごとに80円、1日貸し切り1500円で、クレジットカードなどで支払う。

 自転車はどの拠点でも借りたり返したりできる。各自転車に衛星利用測位システム(GPS)を取り付け、貸し出し状況を一括管理する。