岩手大環境マネジメント学生委員会(千葉朗委員長)は27、28の両日、盛岡市上田の同大で、2020年東京五輪・パラリンピックで選手に授与するメダルをリサイクル金属で作る「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」(大会組織委主催)で使う小型家電を回収する。金や銀が大幅に不足している状況で、市民からの持ち込みを呼び掛けている。

 回収は両日、開かれている大学祭の一環。小型家電認定事業者の産業廃棄物処理業ニッコー・ファインメック(一関市千厩町、小野寺真澄社長)と連携して実施。同大学生センター1階に拠点を設ける。

 家庭で不要になった▽携帯電話▽スマートフォン▽ゲーム機▽ノートパソコン▽デジタルカメラ―などが対象。家電リサイクル法の対象の▽テレビ▽エアコン▽冷蔵庫▽洗濯機―などは受け付けない。

 回収は両日とも午前9時半~午後3時半。