半導体研究の世界的権威で東北大総長、県立大初代学長(現名誉学長)などを歴任した西澤潤一(にしざわ・じゅんいち)氏が21日、死去した。92歳。仙台市出身。26日に東北大が明らかにした。

 東北大大学院修了後、同大電気通信研究所の教授などとして光通信や半導体の研究に従事。高輝度の赤色、緑色の発光ダイオード(LED)の開発に成功するなど、数々の世界的な業績を上げ「ミスター半導体」と呼ばれた。

 東北大総長を経て、1998年に開学した県立大の初代学長に就任。「実学実践」の理念の下、人間教育と実証研究、地域貢献の三本柱を大学運営の基本に据えた。人材育成のほか、研究成果を活用した産業化支援を推進。近年、半導体産業の集積が進む本県経済の発展に貢献した。

 2005年の退任後は新たに開設された首都大学東京の学長、上智大特別招聘(しょうへい)教授などを歴任した。文化勲章のほか、電気電子工学分野の優れた研究者に贈られる「エジソンメダル」を受賞。たびたびノーベル物理学賞の候補に挙がるなど、その業績は今日の科学技術を支えている。