ラグビーのトップチャレンジ(TC)リーグ第1ステージ5位の釜石シーウェイブス(SW)RFCは27日、盛岡市のいわぎんスタジアムで首位近鉄と対戦する。トップリーグ(TL)との入れ替え戦に進出できるのは残り2枠。前身の新日鉄釜石が1986年の全国社会人で対戦して以来、32年ぶりとなる「名門対決」は敗れれば、最終戦を待たずに入れ替え戦進出を断たれるケースもある瀬戸際の一戦だ。

 25日現在、全8チームが2戦を残し、ともに5戦全勝の首位近鉄、2位NTTドコモが既に第1ステージ4位内を確定させ、入れ替え戦進出を決めた。最下位中国電力は進出の望みを断たれ、釜石SWなど5チームが残り2枚の切符を争う構図となっている。

 午後2時キックオフ。入場券は前売り、当日とも一般2千円、高校生800円、中学生以下無料。県内の主要コンビニエンスストアなどで販売している。