アマチュアゴルフの第36回全国都道府県対抗選手権JA共済CUP(岩手日報社など全国新聞社事業協議会主催、日本ゴルフ協会、関西ゴルフ連盟、兵庫県ゴルフ連盟、兵庫県、神戸市後援、JA共済連特別協賛、富士通、NEC協賛)は24、25の両日、神戸市の六甲国際GC(7115ヤード、パー72)で行われる。本県は前回の団体40位からの巻き返しを期す。

 47都道府県の代表48チーム(開催地の兵庫は2チーム)が36ホールのストロークプレーで争う。個人戦と団体戦が行われ、団体戦は各チーム3人の合計ストロークがスコアとなる。

 本県代表選手は9月の選考会で初優勝した工藤悟(ローズランド)、2位樋口和哉(同)、3位高橋靖朋(栗駒)の3人。気心知れた間柄だけに、互いにカバーし合いながら実力を発揮したい。