盛岡市中ノ橋通の盛岡バスセンター跡地を活用した移動動物園「SIDE-Z」(実行委主催)は21日、現地で開催された。動物の魅力を子どもたちに感じてもらおうと、実行委と市動物公園が連携して初めて実施。好天にも恵まれ、大勢の家族連れでにぎわった。

 市動物公園からウサギやモルモットなど5種が集合。直接触れ合うことができる体験コーナーでは、戸惑いながらも恐る恐るボールニシキヘビに触れる子どもたちの歓声が会場にこだました。

 同センター跡地は、イベント会場としてバーベキューなどが企画されてきたが、家族連れが楽しめる行事が少なかった。実行委は老朽化や来園者の減少に直面する市動物公園と協力し、動物公園の認知度を高め地域活性化につなげることを目指した。