20日の県内は高気圧に覆われ、全域で晴れた。奥州市江刺岩谷堂の歴史公園えさし藤原の郷(さと)は同日、園内の紅葉のライトアップを始めた。色づき始めた木々が、情緒あふれる庭園を幻想的に染め上げている。

 赤や黄のイロハモミジなどが光を受けて浮かび上がり、池の水鏡が紅葉の「逆さ絵」を映し出した。来園者たちは、秋の風情を味わいながら散策した。

 ライトアップは来月4日まで行う。午後4時半~7時で、入場料は小学生100円、中学生以上200円。期間中に二胡の演奏会も開く。