住田町世田米の住田高(鈴木広樹校長、生徒87人)の創立70周年記念式典は19日、同校体育館で行われ、校史を振り返るとともに未来の住田をつくる人材となることを誓った。

 式典には生徒や同窓生約180人が出席。鈴木校長が「変化の激しいこれからの社会を力強く生きてほしい」と式辞を述べ、生徒代表の菅野夢貴(ゆき)さん(2年)は「気仙地域の復興に貢献できるよう、一人一人が自分の道を歩んでいく」と決意を述べた。

 式典後には生徒と同窓生らで「住高フォーラム」を開催。生徒による気仙町けんか七夕太鼓演奏がオープニングを飾り、元PTA会長や卒業生による基調発表が行われた。