【アナハイム共同】米大リーグは9月30日、各地で行われ、レギュラーシーズンが終了したア・リーグではエンゼルスの大谷翔平(花巻東高)がアナハイムでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打、1得点で1三振だった。プロ野球日本ハム時代と同様、投打の「二刀流」に挑んだメジャー1年目の今季は4勝2敗、防御率3・31、打率2割8分5厘、22本塁打、61打点、10盗塁で終えた。

体調不良も最終戦勝利けん引

 【米アナハイムで本紙特派員・小田野純一】今季限りで退任するソーシア監督にエンゼルスのナインが最終戦で最高の勝利を贈った。2-4の九回、大谷翔平の中前打を皮切りに攻め立て、最後は同じ新人のワードが逆転サヨナラ2ラン。大谷が打てばチームは活気づき、勝利を呼ぶ。今季を象徴するような勝利にスタジアムは大歓声に包まれた。

 前日から打席で力強さが見られない大谷。試合前の会見で原因が分かった。鼻声、せき、明らかに風邪の症状。試合中はベンチでパーカを着ており体調は悪そうだった。

 それでも監督とともに戦う最後の試合にフル出場。第2打席は安打にはならなかったが、投手強襲の鋭い打球をはじき返した。

 2点を追う最終回、先頭は大谷。追い込まれながら高めの94マイル(約151キロ)の速球に力負けせずに鮮やかな中前打で出塁した。

 続くマルテの左翼線二塁打で二塁を回り、相手の守備を見て再加速。一塁から一気に生還した。ふらつくようにベンチに戻り、心配そうなトラウトから水分を補給するように促された。