JR東日本グループの盛岡ターミナルビル(佐藤年男社長)は来年春、運営する盛岡市のホテルメトロポリタン盛岡で、JR釜石線の蒸気機関車SL銀河と写真が撮れる結婚関連商品を売り出す。地域に愛されるSLが新郎新婦の「出発」に花を添え、幸せな思い出づくりを演出する。

 商品名は「SL銀河フォトウエディング」。同市盛岡駅西通の盛岡車両センターSL検修庫内でカメラマンが新郎新婦を撮影する。料金は未定だが、販売期間はSL銀河が運行する来年4~10月ごろを想定している。

 18日は同検修庫で報道公開され、来年5月に同ホテルで挙式を行う盛岡市の会社員柳渡祐太さん(30)、加奈絵さん(28)夫妻が車両「C58 239」を背景に撮影した。

 2人は昨年6月に初めてSL銀河に乗車し、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をイメージした客室や車窓の風景を楽しんだ。この思い出が印象深く、ホテル側に車両との「前撮り」を提案したことが商品化のきっかけとなった。