三陸鉄道(本社宮古市、中村一郎社長)とセブン&アイ・ホールディングスの子会社イトーヨーカ堂(東京、三枝富博社長)は、三鉄と人気キャラクターのコラボグッズ第2弾の販売を始めた。

 子どもに人気のキャラクター「すみっコぐらし」を採用。キャラクターと車両が描かれたマグカップと電子マネー「nanaco(ナナコ)」などのセット(税込み3218円)や三陸鉄道バスタオル(同2138円)、すみっコぐらし駅長ぬいぐるみ(同1620円)など6点。三陸鉄道経営企画部物産担当の菅野訓貴さん(27)は「新商品を買っていただき、より三鉄を知るきっかけとしてほしい」と期待する。

 セブン&アイが震災の被災地や企業と連携し2011年11月から続ける復興支援企画「東北かけはしプロジェクト」の一環。イトーヨーカドーネット通販と三鉄オンラインショップ「さんてつ屋」のほかイトーヨーカドー花巻店でも販売している。