【秋田市で本社取材班】第71回秋季東北地区高校野球大会第4日は17日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝が行われ、本県第1代表の盛岡大付(2年ぶり18度目)は古川(宮城第2)に六回コールド10-0で快勝した。2年ぶりの決勝進出を決めるとともに、県勢4年連続のセンバツ(来年3月23日開幕、兵庫県西宮市・甲子園球場)出場に大きく近づいた。

 第2試合に登場した第2代表の花巻東(3年連続18度目)は八戸学院光星(青森第1)に3-7で敗れた。

 18日の決勝(午前10時試合開始)は初優勝を懸けて八戸学院光星と対戦する。