セ、パ両リーグは16日、9、10月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは巨人の菅野投手とDeNAのソト外野手、パは西武勢からともに富士大出身の多和田真三郎投手と山川穂高内野手が選ばれた。菅野は昨年の9、10月以来、通算6度目、ソトは初受賞。多和田と山川はともに3、4月にも選ばれており、多和田は2度目、山川は4度目の受賞となった。

 菅野は3完封を含むリーグトップの4勝、防御率1・10、44奪三振をマーク。ソトはともにリーグ1位の14本塁打、31打点を記録した。

 山川は2年連続での同一シーズン複数回受賞で、パでは1998年、99年のイチロー(オリックス)以来2人目。多和田は防御率1・54の安定感で4勝を挙げた。