IGRいわて銀河鉄道(盛岡市、浅沼康揮社長)は、自転車を持ち込んで列車に乗れる「サイクルトレイン」サービスに乗り出す。来年4月開始を予定し、沿線住民のほか旅行者のニーズに応える。並行して宅配荷物と乗客を一緒に運ぶ「貨客混載」輸送も検討しており、地域の人口減など経営環境が厳しさを増す中、空きスペースを活用して利便性向上を図る。

 サイクルトレインは一般車両で導入。当面は通勤・通学時間帯を除く日中で、対象車両を指定する方向。実証実験を経て急停車時の安全確保策などを講じる。自転車分の料金を設定するかは設備の必要性などを見極めて決める。

 駅舎の改修は可能な限り行わず、スロープやエレベーターを備える青山駅、巣子駅など対象駅も指定。盛岡駅は改札までの動線確保や駅ビル利用者の混雑など課題があり、現時点では難しいとみられる。

 貨客混載輸送は駅で運送業者から荷物を受け取り、一般車両で乗客と一緒に運ぶ計画。トラックを駅に横付けできることなどが条件となる。遠距離の定時運行など鉄道の特性を発揮でき、運転手不足に悩む運送業者のメリットも見込まれる。現在、運送業者のニーズ把握を進めており、導入時期は未定。