普代村の青の国ふだいブランド活用推進委員会(上神田敬二委員長)は14日、魚介類など特産品を活用した19商品を「青の国ふだいブランド」に初認証した。地域ブランドとして全国展開を目指し、復興へ歩む同村の活性化につなげる。

 同村普代の上神田精肉店駐車場で認証式を行い、商品を製造販売する7事業者に認証書を手渡した。試食会も開き、来場者は特産の昆布を使った菓子や調味料、海産物のオイル漬けなど多彩な味を堪能した。

 認証商品と事業者は次の通り。

 ◇上神田精肉店▽浜潮はちはい鍋▽ふだいの浜潮だし▽普代の昆布入り・特製生たれ▽普代の昆布入り・香醇(こうじゅん)梅ぽん▽普代の昆布入り・金煎胡麻(ごま)ぽん

 ◇マルコシ商店▽シュウリ貝の昆布オイルコンフィ▽普代サーモン燻製(くんせい)オイルコンフィ▽北三陸タコとんびバル

 ◇青の国ふだい▽こぶじお▽ふだいのねばり▽すき昆布 ◇マルサ嵯峨商店▽ほやの塩辛▽アイスキャビア

 ◇三船製菓店▽昆布バー

 ◇下川原商店▽昆布之介▽コン・ブッセ▽鼓舞焼き▽きなことりお

 ◇カネシメ水産▽どんこの肝味噌和(みそあ)え