【福井県で本社取材班】第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会2018」第2日は14日、福井市の福井県営陸上競技場などで行われ、本県は金4個、銀5個、銅6個のメダルを獲得した。

 金メダルはフライングディスク・ディスタンス(座位)の菅原芳輝(就労継続支援B型・清愛)ら3人、銀メダルは卓球・肢体不自由者女子2部の小林紀子(パラ卓球クラブ飛天)ら5人、銅メダルは6人が手に入れた。団体競技ではグランドソフトボールが1回戦で鹿児島に1-3で敗れた。

 最終日の15日、本県は陸上、水泳に出場する。