八幡平紅葉まつり(八幡平市観光協会主催)は13、14の両日、同市松尾寄木の県民の森・森林ふれあい学習館フォレストアイ駐車場で開かれ、来場者が会場周辺の紅葉や多彩なイベントを楽しんだ。

 青空の下、家族連れが買い物袋を手に木々の色づきをスマートフォンで撮影した。市内外の飲食店や宿泊施設による屋台コーナー、フリーマーケットなど約30ブースも並び、食事を楽しみながら秋の深まりを感じていた。

 椅子や巣箱などを手作りできる木工体験コーナーや丸太切り競争もにぎわい、13日は市内の園児、児童によるヒップホップダンスが会場を盛り上げた。