第18回東日本学校吹奏楽大会(東北吹奏楽連盟など主催)第1日は13日、仙台市の仙台銀行ホールイズミティ21で中学校部門を行い、前半の部(15校)に出場した北上市の北上北中吹奏楽部(千田菜々子部長、部員27人)は銅賞だった。

 同校は初出場で、本県唯一の代表。片岡寛晶作曲の「鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)~吹奏楽と打楽器群のための神話~」を披露。息の合った迫力ある演奏で、曲が持つ日本神話の世界観を表現した。