日本高野連と全日本大学野球連盟は11日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で233人(高校123人、大学110人)が届け出た。25日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 本県関係選手は、高校生では盛岡三高の西舘洸希投手(3年)が志望届を提出。大学生は富士大の鈴木翔天(そら)投手(4年、神奈川・向上高)、佐藤龍世内野手(同、北海道・北海高)、竹内広成外野手(同、長野・佐久長聖高)、岩手大の新沼大輝投手(同、盛岡三高)の4人と、花巻東高出身の市村優多外野手(東海大北海道4年)、一関学院高出身の内海基嗣外野手(東北工大4年)が届け出た。

 富士大の鈴木は、140キロ台後半の速球が持ち味の本格左腕。昨秋の八戸工大戦で北東北大学リーグ初の完全試合を達成した。佐藤は右投げ右打ちの三塁手で、長打を武器に1年時から北東北リーグで活躍した。