大谷選手応援へ結集 奥州市、11月4日トークイベント

2018.10.11

 奥州市は同市出身の米大リーグエンゼルス大谷翔平選手を応援する「トークイベント〝翔タイム〟-いわて奥州からエール-」を11月4日、同市水沢佐倉河のZホールで開く。大谷選手ふるさと応援団と岩手日報社が共催する。

 大谷選手と親交が深いスポーツライター佐々木亨さん(洋野町出身)が基調講演。佐々木さん、花巻東高コンディショニングコーチ小菅智美さん、ふるさと応援団顧問の立花公夫さん、岩手日報社の大リーグ特派員を務める小田野純一陸前高田支局長がパネル討論し、大谷選手の秘密に迫る。司会はIBC岩手放送の浅見智アナウンサー。

 入場無料だが、聴講券が必要。先着500人。住所、氏名、電話番号、参加人数を記載し、はがき(〒020-8622 盛岡市内丸3の7、岩手日報社企画推進部「トークイベント〝翔タイム〟」係)、ファクス(019・626・1881)、メール(showtime@iwate-np.co.jp)で申し込む。25日締め切り。問い合わせは同企画推進部(019・653・4119)へ。

 プレイベントとして報道パネル展を26日~11月3日、奥州市水沢佐倉河のいわて生協コープアテルイ2階で開く。入場無料。

 ※今回のトークイベントは応募多数につき、申込みを締め切りとさせていただきました。

 ※プレイベントとして開催いたします岩手日報「大谷翔平」報道パネル展はお申し込み不要、入場無料でございますので、お時間が許せば足をお運びいただけますと幸いでございます。