【福井国体取材班】第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第10日は8日、福井県内で行われ、ボクシング成年男子ミドル級で梅村錬(拓大3年、盛岡・北陵中―江南義塾盛岡高)、陸上成年男子やり投げでは長沼元(国士舘大3年、陸前高田・気仙中―高田高)がともに頂点に立った。本県は優勝数を11と2桁の大台に乗せ、大会は9日閉幕した。

 梅村は決勝で田中裕也(鹿児島)に5―0で判定勝ちした。ボクシングの本県選手優勝は2015年に少年ミドル級を制した梅村以来3年ぶり。梅村自身は連覇した14、15年以来、3年ぶり3度目の国体制覇となった。

成年男子やり投げ決勝 77メートル67の自己ベストで優勝を飾った長沼元(国士舘大)=8日、福井市・福井県営陸上競技場

 長沼は自身の持つ県記録を塗り替える77メートル67をマークし、2位小椋健司(鳥取)に3メートル以上の差をつけた。15年に制した少年男子Aを合わせ、やり投げ2種別制覇を果たした。陸上の本県選手の栄冠は今大会二つ目。

 ボクシングでは、成年男子バンタム級の佐々木康太(ALSOK岩手、奥州・水沢南中―水沢工高―日大)が決勝で判定負けし、2位となった。

 冬季大会を含めた本県の男女総合成績(天皇杯)は939・5点の24位。前回の14位から順位を下げたが、目標の20位台を達成した。