県議会宮古選挙区(定数3)選出の城内愛彦氏(58)=自民党=は30日、来年の県議選に党公認で、3選を目指して立候補することを表明した。

 同日の党県連選対役員会に出席した城内氏は、終了後「復興を成し遂げ、その後の宮古、下閉伊地域を元気づけたい。1次産業や中小企業の振興に力を入れていく」と述べた。同選対役員会で公認が決まった。後援会(前川昌登会長)を中心に態勢を強化していく。

 城内氏は宮古市出身で東海大卒。宮古市議を経て2011年県議選に同党公認で出馬し初当選。党県連幹事長代理兼組織委員長、県議会商工文教常任委員長を務める。

 同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは2人目。