【東京支社】米大リーグ、エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は8日、大谷翔平(花巻東高)が自主トレーニングを行っている千葉県鎌ケ谷市のプロ野球日本ハムの球団施設を訪れ、栗山英樹監督らに投打の「二刀流」の起用法などで助言を求めた。

 エンゼルスはトレーナーらも加わり約45分間、日本ハム側と会談した。ほぼエプラーGMが質問し、栗山監督が答える形だったという。

 エンゼルスは5年間の起用法や休養の取り方など起用の注意点について、熱心に質問。日本ハム側は球数やトレーニング方法など、5年間の大谷に関するデータを提供したという。

 会談後は大谷とエプラーGMらが室内練習場に移動。非公開だったが、昨年10月に右足首の手術を受けた大谷の動きを確認したとみられる。