第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、一般選考で昨秋の東北大会準優勝の花巻東が選ばれ、6年ぶり3度目のセンバツ切符を獲得した。

 記念大会のため例年より4校多い一般選考33校(四国地区の神宮大会1枠を含む)と21世紀枠3校を決定。東北からは一般選考で花巻東、聖光学院(福島)、日大山形、21世紀枠で由利工(秋田)が選ばれた。

 他地区では史上3校目の春連覇に挑む大阪桐蔭や、昨秋の明治神宮大会で優勝した明徳義塾(高知)などが選ばれた。

 戦力以外の要素を加味する21世紀枠は、由利工のほか膳所(ぜぜ)(滋賀)伊万里(佐賀)を選出。初出場は由利工、伊万里のほか、明秀学園日立(茨城)中央学院(千葉)日本航空石川、乙訓(おとくに)(京都)おかやま山陽(岡山)下関国際(山口)松山聖陵(愛媛)富島(とみしま)(宮崎)の10校。

 滋賀からは21世紀枠の膳所を含め、近江と彦根東の3校が出場する。同一都道府県から3校が選ばれるのは、2001年の第73回大会の茨城(常総学院、水戸商、藤代)以来。前回大会からの連続出場は日大三(東京)静岡、大阪桐蔭、智弁学園(奈良)明徳義塾の5校となった。組み合わせ抽選会は3月16日、大阪市内で開かれる。