【バートミッテルンドルフ(オーストリア)共同】ノルディックスキーのジャンプ男子で平昌冬季五輪代表に選ばれた4選手が12日、遠征先のオーストリア・バートミッテルンドルフで取材に応じ、冬季五輪史上単独最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は「目標は金メダル。今の状態だと取れないので、もう少し調子を上げないと」と話した。

 今季W杯初優勝など急成長した小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)は「目標はメダル」と活躍を期し、弟の陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)は「力をしっかり発揮できればいい」。3大会連続代表の竹内択(北野建設)は「個人のメダルと団体メダルへの貢献」を目標に掲げた。