スポーツクライミングの世界ユース選手権第5日は3日、オーストリアのインスブルックで行われ、ボルダリングの女子ユースB(2002、03年生まれ)決勝で伊藤ふたば(県協会、盛岡・松園中3年)が6人中唯一、4課題全てを完登し、初優勝を飾った。

 伊藤は3位で通過した予選、2位で突破した準決勝とも全4課題をクリアした。世界ユース選手権は2年連続の出場で、ユースBだった前回はボルダリング2位、リードは9位だった。得意のボルダリングでは、最年少女王となった1月のジャパンカップに続いてビッグタイトルを獲得した。

 2位に谷井菜月(奈良県連盟)、3位に菊地咲希(東京都連盟)が入って日本勢が表彰台を独占した。