北東北大学野球秋季リーグ1部は27日、八戸市の八戸東運動公園球場で3試合が行われ、富士大の鈴木翔天(そら)(3年、神奈川・向上)が八戸工大戦で、リーグ初の完全試合を成し遂げた。富士大は4-0で勝利し、3勝1敗で単独2位となった。首位は開幕4連勝の八戸学院大。岩手大は青森大を5-3で破り、今季初勝利を挙げた。

 富士大の左腕鈴木は15三振を奪ったほか、内野ゴロ7、内野飛1、外野飛・直4で27のアウトを取った。打線は五回に長田駿介(4年、宮城・東北)の中犠飛で先制し、六回には楠研次郎(3年、神奈川・東海大相模)の右越えソロ本塁打で加点した。

 岩手大は3-3の八回1死満塁から沖田真伍(3年、青森・三沢)の左前打で勝ち越し、さらに遊ゴロの間に加点。3人の継投で競り勝った。