【ロサンゼルス共同】ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)=花巻東高=は5日、ロサンゼルスでマリナーズ、レンジャーズ、カブスの3球団との交渉に臨んだとメジャー公式サイトが伝えた。

 4日にはジャイアンツに続き、ドジャース、エンゼルスとも接触した。移籍先の候補は7球団が挙げられ、日本ハムと業務提携を結び、今春まで2年連続でアリゾナ州ピオリアのキャンプ施設を提供したパドレスとは6日(日本時間7日)に交渉するという。

 今オフのポスティングシステムは1日発効し、大谷と各球団の交渉期限は米東部時間22日午後11時59分(日本時間23日午後1時59分)までになっている。