柔道の第40回全国高校選手権県大会・富士大旗争奪大会最終日は23日、盛岡市の県営武道館で男女の団体戦が行われ、盛岡南が男女同時優勝を果たした。男子は29年ぶり、女子は2連覇。

 男子は体重無差別の5人制勝ち抜き戦で行われた。決勝は同点で大将勝負にもつれ込み、盛岡南の安斉遼太(2年)が一本背負い投げを決め、盛岡中央の5連覇を阻んだ。

 体重別3人制の点取り方式で行われた女子の決勝は、盛岡南が先鋒(せんぽう)盛内茉彩紀(1年)の一本勝ちで勢いに乗り、不来方を2-0で下した。

 優勝した男女の盛岡南は全国大会(来年3月、東京・日本武道館)に出場する。

【写真㊧=男子団体決勝 盛岡南-盛岡中央 盛岡南の大将安斉遼太(右)が一本背負い投げで一本を奪い優勝を決める=盛岡市・県営武道館】

【写真㊨=女子団体決勝 盛岡南の先鋒盛内茉彩紀(上)が大内刈りで技ありを奪う】