ラグビーの第97回全国高校大会県大会最終日は22日、盛岡市のいわぎんスタジアムで決勝が行われ、黒沢尻工が盛岡工を31-14(前半17-0)で下し、3年連続29度目の花園出場を決めた。

 黒沢尻工はFW陣を中心に攻め続けた。前半8分、ナンバー8根子叶多(2年)がラックサイドを突破し先制トライ。21分にもSO土橋郁矢(2年)とのサインプレーから根子が決め、さらに1トライ(ゴール)を追加した。後半もFW、バックスが一体となって2トライ(2ゴール)を加え、前半のリードを守りきった。

 盛岡工は前半、黒沢尻工の防御網を崩せず、後半2トライ(2ゴール)を挙げ食い下がったが、9年ぶりの花園出場はかなわなかった。

 全国高校大会は12月27日から大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開かれ、組み合わせは12月2日に決まる。