WWW http://www.iwate-np.co.jp

「平泉遺産」の携帯案内が充実 対象を全域に拡大


 

 県立大と平泉町は21日、「平泉の文化遺産」の復元図を示して案内する携帯電話ポータブル観光ガイドの案内対象を全ての遺産に拡大した。これまでは毛越寺境内だけが対象だった。

 阿部昭博教授らが、観光ガイドを開始する際に携帯電話をかざすQRコードを中尊寺駐車場、無量光院跡や観自在王院跡などの案内板に設置した。

 同案内システムは昨年11月から運用を開始した。画面は色弱者も見やすい配色とし、障害者、高齢者にも利用しやすいよう拡大文字も使えるようにし、英語での案内もある。

 16〜18日の3連休、同町への入り込み客は昨年の約2倍の4万人となるなど、世界遺産登録を機に観光客が激増した。

 阿部教授は「観光客が増えアクセス数が増えている。今後、中国語や韓国語など多言語化を実現し、外国人観光客にも対応したい」としている。

(2011.7.22)

トップへ