■科学・環境・健康 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年12月08日
海から蒸発の水、宇宙に広がる  地球24万キロ先まで、初確認

 海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。8日付の米科学誌に発表した。

 太陽系の外の惑星でも、地球のような環境がそろえば周りに水素が広がると予想され、亀田真吾立教大准教授は「惑星に、生命のもととなる海があるかを調べられる」と話している。

 地球の高層の大気中では、水分が太陽の紫外線によって分解され水素原子になる。

 地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供)

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

02/20 12:11 青森・東通原発の建設再開を要望 地元村長、東電社長に
02/20 08:55 温暖化による被害軽減策を強化 気候変動適応法案を閣議決定
02/19 21:34 日本が脱炭素社会主導を 外務省の有識者会議提言
02/19 21:07 勘違いで患者の胃を全摘、高知 医療センター、賠償支払いへ
02/19 18:47 九電、玄海3号機の燃料装填公開 安全性アピール
02/19 13:06 6歳男児、米で心臓移植成功 募金集め、容体は安定
02/19 02:00 カードで労働時間管理わずか5% 大学病院の勤務医 


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved