■科学・環境・健康 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年12月08日
人類の旅立ち、12万年前に  アフリカからアジアへ移住

 30万〜20万年前にアフリカに出現した現生人類が、12万年前からアジアに向けて散発的に移住を始めていたとする分析を、ドイツのマックスプランク人類史科学研究所のチームが8日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 6万年前には人類が世界中に拡散する「出アフリカ」が起きたが、それ以前にも小規模な移住があったらしい。移住先でネアンデルタール人など先住民との混血が起きたことも分かっており、チームは「人類の歴史は思ったよりも複雑なようだ。アジアで調査を進めることでより多くのことが分かるかもしれない」と指摘している。

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

02/19 13:06 6歳男児、米で心臓移植成功 募金集め、容体は安定
02/19 02:00 カードで労働時間管理わずか5% 大学病院の勤務医 
02/18 02:17 体に貼るディスプレー開発 ファッション、医療に応用
02/17 17:51 甲状腺がん支援の輪を広げて 新宿の寺で演奏会、患者の手紙も
02/17 17:08 認知症国際アジア会議の初会合 石川・加賀


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved