■科学・環境・健康 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年12月06日
他人の幹細胞で組織作り軟骨再生  企業主体で大阪大など治験始める

 他人の間葉系幹細胞から作ったゲル状の人工組織を移植し、損傷した軟骨を再生する手法の治験を企業主体で始めたと、大阪大の中村憲正招聘教授(整形外科)らのチームが6日、発表した。

 膝などの軟骨は血行が乏しく、スポーツや加齢、事故で傷つくと治りにくい。中村招聘教授は「患者の生活の質を高める次世代の治療法として実用化したい」と話した。

 間葉系幹細胞は骨や脂肪などに変化する能力を持つ。開発した人工組織は、間葉系幹細胞を培養し、ゲル状にしたもの。患部に移植すると軟骨に変化する仕組み。

 治験は16歳以上60歳未満の関節軟骨損傷患者が対象。

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

12/11 00:30 血液がん、新型療法で症状安定 臨床試験結果を発表、米大チーム
12/10 19:30 京都議定書20年、誕生地で会議 市主催、温暖化考える
12/10 02:25 渡航の臓器移植に保険給付 厚労省、来年度にも


Copyright(C)2017,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved