■科学・環境・健康 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年12月06日
黒潮大蛇行、さらに南下  漁業に影響の恐れ

 今年12年ぶりに確認された、黒潮が東海沖で大きく南へ曲がる「大蛇行」について、海上保安庁は6日、11月3日時点の観測から約20キロ南下し、蛇行の幅が拡大していると発表した。

 海上保安庁によると、11月30日時点で、静岡県沖約370キロの北緯31・2度付近まで達した。前回発生した2004〜05年の大蛇行と同規模で、南下するほど長期化する傾向にあるという。

 東京海洋大の吉田次郎教授(海洋環境科学)は「大蛇行が長期にわたると漁場が通常と異なる場所に形成されるなど、漁業への影響が懸念される」と指摘している。

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

12/11 00:30 血液がん、新型療法で症状安定 臨床試験結果を発表、米大チーム
12/10 19:30 京都議定書20年、誕生地で会議 市主催、温暖化考える
12/10 02:25 渡航の臓器移植に保険給付 厚労省、来年度にも


Copyright(C)2017,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved