■科学・環境・健康 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年12月06日
認知症、世界に5千万人  国際的に対処必要とWHO

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は5日、世界の認知症患者は世界に推計5千万人おり、毎年約1千万人が新たに発症するなど増加傾向にあると発表した。2030年には8200万人、50年には1億5200万人に達する可能性があり、WHOは「国際公衆衛生上の優先事項として、各国で協力して対処する必要がある」と指摘している。

 認知症は本格的な高齢社会を迎えた日本でも深刻化。厚生労働省によると、65歳以上の認知症患者は12年に462万人で、25年には約700万人に増える見通しだ。

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

02/20 12:11 青森・東通原発の建設再開を要望 地元村長、東電社長に
02/20 08:55 温暖化による被害軽減策を強化 気候変動適応法案を閣議決定
02/19 21:34 日本が脱炭素社会主導を 外務省の有識者会議提言
02/19 21:07 勘違いで患者の胃を全摘、高知 医療センター、賠償支払いへ
02/19 18:47 九電、玄海3号機の燃料装填公開 安全性アピール
02/19 13:06 6歳男児、米で心臓移植成功 募金集め、容体は安定
02/19 02:00 カードで労働時間管理わずか5% 大学病院の勤務医 


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved