■暮らし・話題 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2018年01月14日
新成人ら、的に矢放ち腕比べ  京都・三十三間堂で2千人競う

 京都市東山区の三十三間堂で14日、弓の伝統競技「通し矢」に由来する大的全国大会が開かれ、振り袖にはかま姿の新成人ら約2千人が腕前を競い合った。境内に整列し、約60メートル先にある直径1メートルの的をきりりと見据え、次々と矢を放った。

 岐阜県大垣市の会社員国本あずささん(20)は「振り袖で出場できて晴れやかな気持ち。成人になったので、行動に責任を持てるようになりたい」と笑顔で話した。

 京都府弓道連盟によると、通し矢は鎌倉時代に始まり、江戸時代が最盛期。当時は武士が24時間かけ、端から端まで約120メートルある本堂の軒下を射通す矢の数を競った。

 京都・三十三間堂で開かれた伝統競技「通し矢」に由来する大的全国大会で、弓の腕前を披露する新成人たち=14日午前

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

01/23 10:42 公営住宅家賃滞納21万世帯 15年度末、総額500億円
01/22 11:54 東京で初の弾道ミサイル避難訓練 地下鉄駅や遊園地
01/22 09:55 国公立大、2次試験受け付け開始 168校、31日締め切り
01/21 20:14 合掌造り包む柔らかな光、岐阜 白川郷ライトアップ
01/21 18:14 露天風呂でかるた取り、和歌山 湯煙の熱戦に130人


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved