■暮らし・話題 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2018年01月13日
豊漁豊作祈り寒中みそぎ、北海道  190年続く神事

 北海道木古内町の佐女川神社で13日、約190年続く神事「寒中みそぎ」が始まり、行修者と呼ばれる若者4人が、下帯姿で冷水を浴びて身を清めた。15日には、木像のご神体とともに厳寒の津軽海峡の海中に入り、豊漁豊作を祈る。

 雪が降りしきる午後7時ごろ、境内に「えいやー」という掛け声が響いた。冷水を互いにかけ合う水ごりが始まると、4人の若者は険しい表情で荒行に耐えた。

 寒中みそぎは1831(天保2)年に、神社守の夢枕にお告げがあり、海でご神体を清めたところ豊漁豊作になったのが起源とされている。

 神事「寒中みそぎ」で冷水を浴びて身を清める行修者と呼ばれる若者=13日夜、北海道木古内町の佐女川神社

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

01/20 22:07 太陽の塔、予約サイトが復旧 大容量サーバーに切り替え
01/20 18:43 川を泳ぐこいのぼり 岐阜・郡上で寒ざらし
01/20 18:10 タンチョウ、雪中を舞う 北海道鶴居村の釧路湿原周辺
01/20 17:03 JR境線の「鬼太郎列車」新装 鳥取・米子駅で運行スタート
01/20 05:21 桜の開花、ほぼ例年並みか 気象会社が予想発表
01/19 17:42 運転免許「身体衰えで返納」7割 内閣府の意識調査
01/19 17:07 改良対象の踏切に237カ所指定 自治体、事業者に義務付け
01/19 15:55 就活生7割が「地域限定」を希望 Uターン検討は1割


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved