■暮らし・話題 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2018年01月13日
ウナギ、大不漁の恐れ  稚魚の漁獲量、前期の1%に低迷

 絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁で、国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷していることが13日、複数の関係者の話で分かった。

 漁は4月ごろまで続くが、このまま推移すれば過去最低の漁獲量となりかねない。品薄で今夏のウナギがさらに値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなる。資源保護のため来年のワシントン条約締約国会議で国際取引の規制対象とするよう求める声も高まりそうだ。

 シラスウナギは毎年11月ごろから翌年4月ごろを中心に、台湾や中国、日本などの海岸に回遊してくる。

 漁獲量が急減し、価格が高騰しているニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」(愛知県水産試験場提供)

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

01/20 22:07 太陽の塔、予約サイトが復旧 大容量サーバーに切り替え
01/20 18:43 川を泳ぐこいのぼり 岐阜・郡上で寒ざらし
01/20 18:10 タンチョウ、雪中を舞う 北海道鶴居村の釧路湿原周辺
01/20 17:03 JR境線の「鬼太郎列車」新装 鳥取・米子駅で運行スタート
01/20 05:21 桜の開花、ほぼ例年並みか 気象会社が予想発表
01/19 17:42 運転免許「身体衰えで返納」7割 内閣府の意識調査
01/19 17:07 改良対象の踏切に237カ所指定 自治体、事業者に義務付け
01/19 15:55 就活生7割が「地域限定」を希望 Uターン検討は1割


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved