■暮らし・話題 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年12月13日
旅客施設で段差解消87%  バリアフリー法改正へ、国交省

 国土交通省は13日、2016年度末時点の鉄道駅や空港など旅客施設のバリアフリー化の状況を発表した。エレベーターやスロープなどを設置して段差を解消したのが前年度比1・1ポイント増の87・2%だった。同省は高齢者や障害者に対する施策を進めるため、バリアフリー法改正案を年明けの通常国会に提出する。

 集計は1日当たりの平均的な利用者数が3千人以上の旅客施設が対象。施設別では、鉄道駅の段差解消が87・0%だったほか、バスターミナルが91・3%、旅客船ターミナルが100%、航空旅客ターミナルが88・6%だった。

 旅客施設で点字ブロックを設置しているのは93・8%。

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

01/23 21:11 冬の味覚、越前ガニ皇室へ 福井で釜ゆで、92回目
01/23 10:42 公営住宅家賃滞納21万世帯 15年度末、総額500億円
01/22 11:54 東京で初の弾道ミサイル避難訓練 地下鉄駅や遊園地
01/22 09:55 国公立大、2次試験受け付け開始 168校、31日締め切り


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved