■暮らし・話題 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年11月14日
山梨の新交配魚は「富士の介」  新たな特産品として開発

 山梨県は14日、キングサーモンとニジマスを交配させ、新たな特産品として開発した新種の魚を「富士の介」と名付けたことを明らかにした。

 後藤斎知事が定例の記者会見で発表。「大きく育つところが富士山のイメージと重なり、『すけ』の響きも消費者の方々に愛着が湧きやすい」と話した。3163点の応募の中から選んだ。

 県花き農水産課によると、富士の介はキングサーモンの特徴とされる身の細やかさと、脂の乗りを受け継いだ。ニジマスのように養殖しやすく、3年で体長約70センチ、体重約3キロまで育つという。

 16日にふ化直前の卵を民間業者に引き渡し、本格的な養殖が始まる。

 新種の魚の名前を「富士の介」と発表する山梨県の後藤斎知事=14日、山梨県庁

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

01/20 22:07 太陽の塔、予約サイトが復旧 大容量サーバーに切り替え
01/20 18:43 川を泳ぐこいのぼり 岐阜・郡上で寒ざらし
01/20 18:10 タンチョウ、雪中を舞う 北海道鶴居村の釧路湿原周辺
01/20 17:03 JR境線の「鬼太郎列車」新装 鳥取・米子駅で運行スタート
01/20 05:21 桜の開花、ほぼ例年並みか 気象会社が予想発表
01/19 17:42 運転免許「身体衰えで返納」7割 内閣府の意識調査
01/19 17:07 改良対象の踏切に237カ所指定 自治体、事業者に義務付け
01/19 15:55 就活生7割が「地域限定」を希望 Uターン検討は1割


Copyright(C)2018,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved