■文化・芸能 (共同通信配信)

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /
チェック
2017年10月12日
重文の宣教師館など公開  明治学院の洋風建築

 東京文化財ウィーク期間中の11月1日から3日まで、東京都港区の学校法人明治学院白金キャンパスで、国指定重要文化財を含む明治・大正期の貴重な洋風建築3棟が一般公開される。学外者が内部を見学できるのは毎年この期間中だけだ。

 重文の「インブリー館」は明治学院で教える宣教師の住宅として1889年ごろに建てられた。米国で当時流行した様式に倣う木造2階建てで、細かい外壁仕上げが施されている。館の名前はここに長く住んだインブリー博士にちなむ。

 ネオゴシック様式の「記念館」(90年)は教室や図書館が置かれていた建物で、れんが造りと木造の調和が美しい。当初は1、2階ともれんが造りだったが、建設4年後の大地震で破損し、2階が木造に改築された。

 日本で多くの西洋建築を手掛けたヴォーリズ建築事務所(当時は合名会社)による礼拝堂は1916年に落成。現在のパイプオルガンは、バッハが生きた17、18世紀の工法を復活、再現している。

 入場無料。学生ガイドによる見学ツアーが1日と3日の午前11時、午後1、2時、2日の午前11時と午後2時にある。また2日には、礼拝堂で大学生のパイプオルガン演奏会(無料、事前予約不要)、記念館でオルガニスト長谷川美保さんによるリードオルガン演奏会(無料、指定席は事前予約必要、立ち見席の整理券は当日配布)がある。問い合わせは学校法人明治学院、電話03(5421)5230。

 れんが造りと木造の調和が美しい「記念館」=東京都港区(学校法人明治学院提供)

[PR]

|HOME|  / 主要 / 社会 / 政治 / 経済 / 国際 /
       / スポーツ / 暮らし・話題 / 文化・芸能 / 科学・環境・健康 /

10/22 19:06 競泳五輪メダリストら講演 大阪で新聞週間の集い
10/22 15:08 お笑いタレント長井秀和さん結婚 ドイツ出身の英会話講師と
10/22 14:53 邦人作品、40年ぶりに補修 イラン美術館、交流育む
10/21 18:00 将棋、永世7冠目指す羽生が先勝 竜王戦第1局
10/21 08:56 大英図書館でハリポタ特別展 シリーズ20年記念し始まる
10/21 08:28 映画界のセクハラ黙認を後悔 米紙にタランティーノ監督
10/20 21:35 小学館、毒キノコ「食用」と誤記 6月発売の「図鑑NEO」で
10/20 21:33 小澤征爾さん、1月の指揮降板へ ベルリン・フィル発表「残念だ」


Copyright(C)2017,IWATE NIPPO CO.,LTD
All rights reserved