WWW http://www.iwate-np.co.jp

                  ◇東日本大震災のため更新しておりません 
釣り情報
3月10日更新


渓流は今後に期待【久慈地方】

 渓流釣りが解禁となったが、ヤマメ、イワナともに13センチ以下のリリースするサイズのものが多い。風が強い日が多く、寒い日が続いたためか釣果も低調だ。その中でも、久慈渓流や長内川の支流が比較的良いようだ。気温が上がる今後に期待したい。久慈沖はタラが楽しめる時期だ。

(久慈市・渡辺釣具店=0194・53・5021)


ヤマメまだ様子見【奥州地方】

 各地を歩いているが、出足が遅く例年になく厳しい。1月から寒暖の差が大きく、3月になってまた寒くなったことが原因か。人首川(奥州市江刺区)も釣果はほとんどない。

 水温が低く、ヤマメは深みにしかいない状態。人首川なら人首小付近、永沢川(金ケ崎町)は細野地域周辺など例年早い時期からヤマメの釣れるポイントを狙いたいが、今後1〜2週間は様子見となりそうだ。

(奥州市・奥州渓匠会=090・5230・5351)

 <新・岩手の海釣り>

 岩手日報社は、航空写真で県内の釣りポイントを紹介した「新・岩手の海釣り」を、県内の各書店、岩手日報販売店などで発売しています=写真

 県内196地域の海岸線付近を航空写真で撮影。県内の海岸のほとんどを網羅しました。魚種別のポイントを写真上に分かりやすく表示し、季節ごとに釣れる魚の一覧も紹介しています。さらに、利用できる駐車スペースやコンビニ、トイレなど、釣り愛好者にとって役立つ情報を掲載しています。

 また、釣りのマナーや県内の主要釣具店、釣り船の情報なども盛り込み、初心者からベテランまで使いやすい内容にしました。

 体裁はAB判(縦257ミリ、横210ミリ)、230ページ。オールカラー。定価は4200円。お近くの書店、岩手日報販売店・本社企画出版部・支社局でお求めください。 購入する>>>


トップへ