新聞購読のご案内広告料金携帯サイト    
トップ スポーツ 経 済 暮らし・文化 世界遺産 選 挙 啄木・賢治 防 災 企画・特集 お買い物
訃報     風土計[コラム]     論説     社告     電子号外   
 Web サイト内

第4部 実名の価値・特集

メリット・デメリット

 「迅速救助に資する」「権利侵害する恐れ」 − 災害時不明者に関する全国調査

2017年4月14日

 自然災害時の行方不明者の氏名公表の在り方を問うアンケートでは、メリット、デメリットの両面を指摘する意見が多く、災害発生後に最も知りたい安否情報の取り扱い方や、不明者の公表における課題が明らかになった。

 メリットとして挙げられた中で多かったのは、人命救助に結び付く捜索活動や安否に関する情報収集に役立つという点だった。過去の災害時にも被災者の安否に関する情報が求められていることから、「家族などの安心につながる」という意見もあった。

 デメリットについてはさまざまな意見が出た。配偶者からの暴力やストーカーなどの被害を受けている住民への配慮やプライバシーの侵害など、個人情報保護との兼ね合いを挙げる自治体が多かった。

 長崎県危機管理課の陣野和弘課長は「迅速な捜索や救助に資することなどが考えられる」とメリットを説明する一方で、「氏名は高度な個人情報。公表によって本人や第三者の権利利益を不当に侵害する恐れもある」との考えを示す。

 災害発生初期は通信の途絶などもあり、情報が交錯することも想定される。「情報の正確性」「情報の精査が難点」などを課題に挙げる自治体もあり、情報の確度によっては一層の混乱をきたす可能性を指摘する意見もあった。

 「プライバシーがネット上で公表されたり、取材が殺到する」(千葉県)と、東日本大震災や昨年8月の台風10号豪雨などでも繰り返されたメディアスクラム(集団的過熱取材)への懸念も示された。


【質問項目と回答】《行方不明者の氏名公表に関する都道府県調査》
▽自然災害発生時、行方不明者を把握した場合、氏名を公表しますか
1、把握した段階で公表する(0%)
2、「家族の同意」など条件付きで公表する(8.5%)
3、公表しない(17%)
4、その他(74.5%)
▽行方不明者の氏名公表について、基準やルールを設けていますか
1、設けている(0%)
2、設けていない(78.7%)
3、その他(21.3%)
▽行方不明者の氏名公表について、国がガイドライン(指針)を示すべきだと思いますか
1、思う(78.7%)
2、思わない(4.3%)
3、その他(17%)
▽「公表する」場合、どこまでの情報を公表しますか
▽「公表しない」場合の対応を教えて下さい
▽行方不明者の氏名を公表するメリット、デメリットは何ですか
※データは小数点第2位で四捨五入しているため合計が100にならないことがある。



[PR]

 岩手のニュース


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。
岩手日報社 Copyright(c)2017, IWATE NIPPO CO.,LTD. All rights reserved