WWW http://www.iwate-np.co.jp

 訃報 
−2017年12月−

 中村 省三氏(なかむら・しょうぞう=花巻市森林組合代表理事組合長)

 26日午後8時43分、悪性リンパ腫のため花巻市内の病院で死去、86歳。花巻市出身。自宅は花巻市高松。火葬は28日午後2時半から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は30日午後2時から花巻市豊沢町の花巻葬祭センターで。喪主は長男健司(けんじ)氏。

 1971年花巻市森林組合理事、86年同監事を経て2001年同代表理事組合長。


 斎藤 文一氏(さいとう・ぶんいち=宮沢賢治研究で知られる新潟大名誉教授)

 10月20日午後0時10分、肺炎のため、自宅のある新潟市内の病院で死去、92歳。北上市出身。葬儀・告別式は近親者で執り行った。喪主は妻樟子(しょうこ)さん。 

 旧制黒沢尻中(現黒沢尻北高)を経て、東北大理学部卒。専門は超高層物理学。オーロラ研究でも名をはせた。1990年発足の賢治学会イーハトーブセンター設立発起人の一人で、花巻市の宮沢賢治イーハトーブ館の初代館長を92年10月〜94年3月に務めた。

 著書に「宮沢賢治とその展開」「宮沢賢治の春−その光と風のエッセイ」など。長女は文芸評論家の斎藤美奈子さん。

 「宮沢賢治 四次元論の展開」で91年第6回岩手日報文学賞賢治賞。92年からは同賞の審査員長を務めた。94年4月〜96年9月には岩手日報で「心象の賢治」(全30回)を連載した。


 堀口 治五右衛門氏(ほりぐち・じごうえもん=元県議会議長)

 11日午後2時46分、直腸がんのため東京都狛江市内の高齢者施設で死去、94歳。一戸町出身。自宅は東京都調布市。火葬・葬儀は近親者のみで行った。喪主は長女岩田寿子(いわた・ひさこ)さん。

 1975年から県議を通算5期、95年から2年間県議会議長を務めた。県勢発展に力を尽くし、98年に全国都道府県議会議長会の地方自治功労表彰を受けた。


 吉田 文男氏(よしだ・ふみお=元矢巾・不動小校長)

 24日午後6時17分、前立腺がんのため盛岡市内の病院で死去、82歳。旧沢内村(現西和賀町)出身。自宅は盛岡市新庄。火葬は27日午前11時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は28日午前10時半から盛岡市北山の願教寺で。喪主は長男直弘(なおひろ)氏。

 雫石・安庭小、大船渡・吉浜小校長も務めた。


 伊藤 清喜氏(いとう・せいき=矢巾町副町長)

 24日午前8時34分、すい臓がんのため盛岡市内の病院で死去、70歳。奥州市出身。自宅は矢巾町南矢幅。火葬は26日午後2時から矢巾町白沢の矢巾斎苑、葬儀は町との合同葬とし29日午後1時から矢巾町南矢幅の町公民館。喪主は長男康弘(やすひろ)氏。

 建設課長、上下水道課長などを務め、2007年退職。15年5月から副町長。病気療養に専念するため今月末に任期途中での退任が決まっていた。


 村上 功氏(むらかみ・いさお=元雫石町教育長)

 22日午前3時5分、悪性リンパ腫のため盛岡市内の病院で死去、77歳。雫石町長山梍(さいかち)出身。自宅は雫石町長山梍。火葬は26日午前9時半から雫石町七ツ森の町営火葬場、葬儀は同日午後0時半から雫石町黒沢川の雫石南長安殿で。喪主は次男映(あきら)氏。

 田野畑中、松尾中の校長も務めた。


 中西 栄二氏(なかにし・えいじ=奥州・胆沢一小元校長)

 17日午前1時53分、腎不全のため奥州市胆沢区の高齢者施設で死去、91歳。奥州市江刺区出身。自宅は奥州市水沢区。火葬は19日午前9時半から奥州市水沢区佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は19日正午から奥州市水沢区佐倉河の水沢長安殿で。喪主は長男敬朗(けいろう)氏。

 葛巻・五日市小校長も務めた。


 岩渕 健氏(いわぶち・けん=元一関・花泉中校長)

 10日午後1時13分、肺炎のため一関市内の病院で死去、70歳。一関市花泉町金沢出身。自宅は一関市花泉町。火葬は13日午後1時から一関市釣山の釣山斎苑、通夜は同日午後4時から一関市花泉町金沢の柳斎場・いずみ館、葬儀は14日午前10時半から一関市花泉町金沢の宝持院で。喪主は長男巨樹(なおき)氏。

 釜石・中妻小、一関・花泉南中、同・萩荘中の各校長も務めた。


 米山 哲郎氏(よねやま・てつろう=元野田小校長)

 7日午前8時30分、胸腺がんのため盛岡市内の病院で死去、84歳。盛岡市清水町出身。自宅は盛岡市緑が丘。火葬は11日午前10時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は11日正午から盛岡市名須川町の専立寺で。喪主は妻博子(ひろこ)さん。

 盛岡市のみどりが丘幼稚園理事長も務めた。


 泉沢 彰氏(いずみさわ・あきら=元プロ野球選手)

 10月21日、病気のため埼玉県所沢市内の病院で死去、72歳。釜石市出身。自宅は所沢市。葬儀は家族のみで行った。喪主は妻スミ子さん。

 花巻商高(現花巻東高)から盛岡鉄道管理局を経て69年のドラフト1位で西鉄入団。右下手投げの投手としてプロ通算成績は1勝5敗。引退後は球団職員となり、スカウトや寮長を務めた。社会人野球フェズント岩手の総監督も務めた。

 「泉沢彰さんをしのぶ会」は10日午後5時から、盛岡市盛岡駅前北通のホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングで。


 多田 稔氏(ただ・みのる=元花巻・笹間二小校長)

 6日午前0時45分、急性心不全のため北上市内の病院で死去、83歳。花巻市東和町出身。自宅は北上市村崎野。火葬は8日午後1時から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は9日午前11時から北上市村崎野のメイホール村崎野斎場で。喪主は妻勝江(かつえ)さん。


 小野寺 倫夫氏(おのでら・のりお=元滝沢二小校長)

 4日午後7時46分、肺炎のため盛岡市内の病院で死去、85歳。二戸市石切所出身。自宅は盛岡市紅葉が丘。葬儀は9日午前11時から盛岡市愛宕町のメモリアルホールもりおか長安殿、火葬は9日午後1時半から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘で。喪主は長男仁(ひとし)氏。


トップへ