WWW http://www.iwate-np.co.jp

 訃報 
−2015年3月−

 田中 幸平氏(たなか・こうへい=元岩手町長)

 25日午前8時47分、転移性腫瘍のため盛岡市内の病院で死去、83歳。岩手町川口出身。自宅は岩手町五日市。火葬は28日午後2時から同町五日市の岩手玉山斎場浄霊苑、葬儀は29日午後2時から同町沼宮内の沼福寺で。喪主は妻光子(みつこ)さん。

 86年から98年まで連続3期岩手町長を務めた。


 森沢 照夫氏(もりさわ・てるお=タイガースポーツ社長)

 24日午後0時25分、腎不全のため盛岡市内の病院で死去、88歳。同市出身。自宅は同市盛岡駅前通。火葬は28日正午から同市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は29日午後2時から同市材木町の永祥院で。喪主はタイガースポーツ店長の恵一(けいいち)氏。

 78年に同社を創業した。


 照井 敬司氏 (てるい・けいし=元釜石・甲子小校長)

 22日午前11時37分ごろ、病気のため埼玉県川越市内の病院で死去、82歳。北上市和賀町出身。自宅は釜石市甲子町。火葬は親族で済ませた。通夜は27日午後6時から同市野田町の釜石典礼会館、葬儀は28日午前10時から同会館で。喪主は妻モトさん。

 釜石・平田小校長も務めた。


 鈴木 さちさん(すずき・さち=故鈴木善幸元首相の妻で、鈴木俊一衆院議員の母)

 22日午前2時22分、老衰のため東京都内の病院で死去、95歳。長野県出身。火葬・葬儀は親族で済ませた。喪主は長男俊一(しゅんいち)氏。


 姉帯 守孝氏(あねたい・もりたか=元大船渡・立根小校長)

 24日午前1時55分、肺炎のため北上市内の病院で死去、84歳。花巻市出身。自宅は花巻市中根子字中屋敷。火葬は25日午後3時から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は26日午前11時から花巻市石神のいしがみ葬祭ホールで。喪主は長男治(おさむ)氏。


 宮崎 道夫氏(みやざき・みちお=元県老人クラブ連合会事務局長)

 17日午後8時37分、病気のため盛岡市内の病院で死去、82歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市月が丘。火葬は22日午前9時から同市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午後1時から同市愛宕町のメモリアルホールもりおか長安殿で。喪主は妻淑子(としこ)さん。

 県職員退職後、99年から10年まで県老人クラブ連合会事務局長を務めた。


 及川 勝治氏(おいかわ・かつじ=元金ケ崎小校長)

 15日午前10時、肺炎のため奥州市内の病院で死去、83歳。金ケ崎町出身。自宅は金ケ崎町西根達小路。火葬は17日午前10時半から奥州市水沢区佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は21日午後1時から金ケ崎町西根の泰養寺で。喪主は長男浩嗣(こうじ)氏。

 遠野・附馬牛小、金ケ崎・永岡小の校長のほか、旧金ケ崎幼稚園長も務めた。


 袖林 邦夫氏(そでばやし・くにお=元雫石小校長)

 14日午前8時59分、急性肺炎のため盛岡市内の病院で死去、85歳。雫石町出身。自宅は盛岡市天昌寺町。火葬は17日午前10時半から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は19日正午から滝沢市大釜の東林寺で。喪主は長男邦芳(くによし)氏。

 雫石・橋場小校長も務めた。


 小田 一夫氏(おだ・いっぷ=元大野一中校長)

 13日午前0時35分、老衰のため盛岡市内の病院で死去、94歳。野田村出身。自宅は盛岡市厨川。火葬は15日正午から同市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午後2時から同市黒石野のメモリアルホール黒石野長安殿で。喪主は長女みすずさん。


 松田 晃氏(まつだ・あきら=合唱指揮者、声楽家)

 8日午前0時26分、肺がんのため盛岡市加賀野の自宅で死去、83歳。盛岡市出身。火葬は10日午後1時半から同市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は12日午前11時から同市名須川町の報恩寺で。喪主は妻順子(じゅんこ)さん。

 高校教諭を経て、県立盛岡短大教授を務めた。61年の県合唱連盟設立に尽力し、84年から同理事長、同会長を歴任。半世紀以上にわたって指揮者を務める盛岡コメット混声合唱団や、教職の現場で数多くの弟子や教え子を育てた。声楽家としては昨年3月まで毎春、盛岡市の県民会館でリサイタルを開催した。98年に文部大臣表彰(地域文化功労者)、99年に岩手日報文化賞を受けた。


 故鈴木宏延氏のお別れの会

 故鈴木宏延氏(前県中小企業団体中央会会長、元県酒造組合会長、2月24日死去)

 3月27日正午から盛岡市愛宕下1の10の盛岡グランドホテルで。実行委員長は谷村久興県中小企業団体中央会会長。


 高橋 光雄氏(たかはし・みつお=元江刺・稲瀬小校長)

 6日午後9時14分、肺炎のため北上市内の病院で死去、85歳。奥州市江刺区出身。自宅は奥州市江刺区愛宕字大畑。火葬は8日午後2時半から同市水沢区佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は10日午前10時から同市江刺区南町の光明寺で。喪主は長男裕明(ひろあき)氏。

 一関・旧山谷小、江刺・大田代小、梁川小の校長を歴任。旧江刺市立図書館長も務めた。


 桑島 正安氏(くわしま・まさやす=金ケ崎町社会福祉協議会長)

 5日午前8時15分、肺炎のため奥州市内の病院で死去、76歳。金ケ崎町出身。自宅は金ケ崎町六原上二の町。火葬は7日午前9時半から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は9日午後2時半から同市町分の北上典礼会館で。喪主は次男信行(のぶゆき)氏。

 08年から同社会福祉協議会長。町立図書館長も務めた。


 千葉 次郎氏(ちば・じろう=元一関市・金沢小校長)

 4日午後0時58分、呼吸不全のため一関市内の病院で死去、88歳。一関市花泉町出身。自宅は一関市花泉町永井字鞍懸山。火葬は6日午後2時から同市釣山の釣山斎苑、通夜は8日午後5時から同市花泉町の柳斎場・花ホール、葬儀は9日午前10時半から同ホールで。喪主は長男周(しゅう)氏。

 二戸市・太田小、老松小の校長も務めた。


 新沼 通氏(にいぬま・とおる=元大船渡中校長)

 3日午後9時30分、肺炎のため大船渡市内の病院で死去、93歳。大船渡市出身。自宅は大船渡市大船渡町字茶屋前。火葬は5日午前10時から同市立根町のおおふなと斎苑、通夜は同日午後5時から、葬儀は6日正午から同市猪川町のエヴァホール大海で。喪主は長男聡(さとし)氏。

 大船渡北小校長も務めた。01、02年に民生功労で市政功労者。


 遠畑 勝人氏(とおはた・かつと=元盛岡・繋小中校長)

 2月27日午後2時1分、リンパ腫のため盛岡市内の病院で死去、79歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市東黒石野。火葬は2日午前10時半から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は2日午後1時から盛岡市北山1丁目の源勝寺で。喪主は妻とし子(としこ)さん。

 松野小校長も務めた。


 過去の訃報

トップへ