WWW http://www.iwate-np.co.jp

 訃報 
−2016年7月−

 中村 良吾氏(なかむら・りょうご=元花巻・大迫小校長)

 25日午前7時40分、ぼうこうがんのため、花巻市内の病院で死去、90歳。花巻市出身。自宅は花巻市円万寺中野。火葬は27日午後1時から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は29日午後1時から花巻市豊沢町の花巻葬祭センターで。喪主は長男良幸(よしゆき)氏。


 八重樫 繁雄氏(やえがし・しげお=元花巻・旧田瀬小校長)

 16日午前8時10分、腎不全のため花巻市星が丘の自宅で死去、91歳。花巻市出身。火葬は17日午後2時半から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は20日午後1時から花巻市上小舟渡の西村葬斎会館で。喪主は長男正雄(まさお)氏。

 一関・旧京津畑小校長も務めた。


 山本 タツさん(やまもと・たつ=山本正徳宮古市長の母)

 11日午前11時50分、脳幹出血のため宮古市内の介護老人保健施設で死去、87歳。宮古市田老出身。自宅は宮古市田老三王。火葬、葬儀は近親者で済ませた。


 横田 忠司氏(よこた・ただし=一関・旧薄衣小校長)

 14日午前10時53分、ぼうこうがんのため一関市内の病院で死去、86歳。一関市千厩町出身。自宅は一関市千厩町千厩。火葬は16日正午から一関市千厩町千厩の千厩斎苑、通夜は16日午後3時から一関市千厩町千厩のセレモニーホール禅、葬儀は19日午前11時から一関市千厩町千厩の大光寺で。喪主は長男一平(いっぺい)氏。

 宮古・旧川内中、一関・旧小梨中校長も務めた。


 後藤 成志氏(ごとう・せいし=元花巻・石鳥谷中校長)

 14日午後5時10分、悪性リンパ腫のため花巻市内の病院で死去、87歳。花巻市出身。自宅は花巻市石鳥谷町好地。火葬は18日午前9時45分から花巻市石鳥谷町好地の石鳥谷斎場、葬儀は19日午前11時から花巻市石鳥谷町好地のビバハウスいしどりやで。喪主は長男伸(しん)氏。

 花巻・太田小、花巻・石鳥谷小の校長も務めた。


 立花 久氏(たちばな・ひさし=元紫波・片寄小校長)

 10日午前7時16分、ぼうこうがんのため盛岡市内の病院で死去、87歳。岩手町出身。自宅は盛岡市北天昌寺町。火葬は13日午前9時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同11時半から盛岡市愛宕町のメモリアルホールもりおかで。喪主は長男弘之(ひろゆき)氏。


 半澤 周三氏(はんざわ・しゅうぞう=作家)

 7日午後7時55分、胃がんのため、盛岡市内の病院で死去、80歳。釜石市出身。自宅は盛岡市高松。火葬は11日午前11時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午後3時から盛岡市名須川町の東顕寺で。喪主は長男武彦(たけひこ)氏。

 80年に小説「海の季節」が「北の文学」再刊第1号で優秀作、81年に「海を翔ぶ惇(じゅん)」で第22回講談社児童文学新人賞を受賞した。代表作に「大島高任 日本産業の礎を築いた『近代製鉄の父』」など。


 佐々木 元氏(ささき・げん=元大槌・金沢小校長)

 4日午後4時40分、呼吸不全のため花巻市内の病院で死去、82歳。花巻市出身。自宅は花巻市中北万丁目。火葬は7日午前10時半から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は9日午後2時から花巻市桜台の桜台セレモニーホールで。喪主は長男岳(たかし)氏。


 佐々木 順太郎氏(ささき・じゅんたろう=元大船渡・赤崎中校長)

 6月28日午後6時45分、腎不全のため陸前高田市内の病院で死去、83歳。大船渡市盛町出身。自宅は大船渡市盛町字沢川。火葬と通夜は済ませ、葬儀は1日午前11時から大船渡市盛町の浄願寺で。喪主は次男博友(ひろとも)氏。

 陸前高田・小友中校長、大槌・吉里吉里中校長も務めた。


 高橋 栄松氏(たかはし・えいまつ=元奥州・真城小校長)

 6月29日午後4時23分、老衰のため奥州市内の病院で死去、95歳。金ケ崎町永栄出身。自宅は奥州市水沢区南大鐘。火葬は1日午後3時から奥州市水沢区佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は3日午後3時から奥州市水沢区寺小路の大林寺で。喪主は長女優子(ゆうこ)さん。

 釜石・唐丹小、奥州・衣里小、奥州・胆沢愛宕小校長も務めた。


 佐藤 謙一氏(さとう・けんいち=元社民党県連合代表)

 30日午前4時40分、急性骨髄性白血病のため盛岡市内の病院で死去、70歳。秋田県雄物川町出身。自宅は盛岡市中央通。火葬は4日午前9時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は4日午前11時から盛岡市愛宕町のメモリアルホールもりおか長安殿で。喪主は長男哲弘(てつひろ)氏。

 91年から社会党県本部書記長、97年から社民党県連合代表を務めた。


 過去の訃報

トップへ