WWW http://www.iwate-np.co.jp

 訃報 
−2016年8月−

 三上 正二氏(みかみ・しょうじ=元盛岡・城東中校長)

 24日午後2時43分、脳出血のため盛岡市内の病院で死去、81歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市東中野片岡。火葬は27日午前10時半から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午後1時から盛岡市仙北のセレモニーホールいわてで。喪主は妻裕子(ひろこ)さん。

 盛岡・見前南中校長、盛岡市中体連会長、県中体連副会長も務めた。


 木皿 欣一氏(きさら・きんいち=元盛岡工高校長)

 21日午前4時37分、特発性肺線維症のため仙台市青葉区立町の自宅で死去、87歳。仙台市出身。火葬は23日午前10時から仙台市青葉区郷六の葛岡斎場、葬儀は同日午後1時から仙台市青葉区春日町の杜(もり)・春日町会館で。喪主は長男裕之(ひろゆき)氏。

 大船渡工高、盛岡工高、盛岡中央高で校長を務め、盛岡工高校長だった84〜88年度に県高野連会長を務めた。


 金野 理氏(きんの・さとし=元旧浜岩泉小校長)

 19日午前2時13分、肺炎のため大船渡市内の老人福祉施設で死去、85歳。陸前高田市米崎町出身。自宅は大船渡市立根町宮田。通夜は済ませ、火葬は21日午前10時から大船渡市立根町のおおふなと斎苑、葬儀は同日午後2時から同市猪川町のエヴァホール大海で。喪主は長男勧(すすむ)氏。


 五日市 忠司氏(いつかいち・ただし=元大船渡署長)

 16日午後10時34分、敗血症性ショックのため盛岡市内の病院で死去、85歳。二戸市出身。自宅は盛岡市本宮字大宮。火葬は20日午前10時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午後0時半から盛岡市愛宕町のメモリアルホールもりおか長安殿で。喪主は長男究(きわむ)氏。

 県警警務部参事官兼監察課長などを歴任した。


 笠水上 譲氏(かさみずかみ・ゆずる=県社会福祉協議会副会長)

 13日午前2時7分、外傷性ショックのため盛岡市内の病院で死去、81歳。洋野町出身。自宅は盛岡市上田堤。火葬は17日午前10時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同午後1時から同市中野の盛岡典礼会館で。喪主は妻の恭子(きょうこ)さん。

 県企画調整部長や総務部長、県社会福祉協議会専務なども務めた。


 谷地 忠一氏(やち・ちゅういち=谷地林業会長、二十山親方≪元小結栃乃花≫の父)

 11日午前6時58分、急性胆のう炎のため久慈市内の病院で死去、78歳。久慈市山形町出身。自宅は久慈市山形町荷軽部。火葬は13日午後1時から久慈市夏井町の久慈地区斎場、葬儀は17日午後1時から自宅で。喪主は次男譲(ゆずる)氏。

 旧山形村商工会長、旧山形村体育協会長などを歴任した。


 沢 恩氏(さわ・めぐみ=元岩手大農学部教授)

 1日午前5時10分、肺炎のため盛岡市内の病院で死去、92歳。長野市出身。自宅は盛岡市三ツ割。火葬は5日正午から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午前10時半から盛岡市愛宕町のメモリアルホールもりおか長安殿で。喪主は長女浦井りり子(うらい・りりこ)さん。


 中沢 一雄氏(なかざわ・かずお=岩手大名誉教授)

 7月29日午後10時17分、肺炎のため川崎市内の病院で死去、93歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市名須川町。火葬は近親者のみで行う。葬儀は8日午前11時から盛岡市名須川町の東顕寺で。喪主は次男英作(えいさく)氏。

 67年同大工学部教授、76年工学部長を経て89年名誉教授。


 内村 泰氏(うちむら・たい=東京農業大名誉教授)

 7月30日午後5時、がんのため東京都清瀬市内の病院で死去、71歳。盛岡市出身。自宅は東京都東久留米市神宝町。通夜は8月2日午後6時から、告別式は3日午前11時半から、東京都東久留米市大門町の浄牧院大空会館で。喪主は妻公(きみ)さん。

 県人連合会副会長、在京白亜会会長などを務めた。


 山口 九郎氏(やまぐち・くろう=前県遺族連合会会長)

 7月31日午前8時7分、ぼうこうがんのため盛岡市内の病院で死去、92歳。野田村出身。自宅は盛岡市中央通。火葬は8月3日午前9時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午前11時から盛岡市愛宕町のメモリアルホールもりおか長安殿で。喪主は長男恵章(よしあき)氏。


 過去の訃報

トップへ