WWW http://www.iwate-np.co.jp

 訃報 
−2016年6月−

 太田原 雅幸氏(おおたはら・まさゆき=岩手日報九戸・浄法寺販売センター所長)

 23日午前2時半、ぼうこうがんのため二戸市堀野字下夕川原の自宅で死去、59歳。二戸市堀野出身。火葬は27日午後1時半から二戸市下斗米の斎場にのへ、葬儀は28日午前11時から二戸市金田一のにのへセレモニーホールで。喪主は長男広知(ひろとも)氏。


 千葉 和男氏(ちば・かずお=元二戸・浄法寺中校長)

 18日午後6時40分、急性心臓死のため二戸市内の病院で死去、85歳。一関市千厩町出身。自宅は二戸市福岡字八幡下。火葬は22日午後1時半から二戸市下斗米の斎場にのへ、葬儀は22日午後4時から同市石切所の長福寺で。喪主は長男和之(かずゆき)氏。

 二戸・旧仁左平小中学校長、軽米・旧増子内小校長も務めた。


 武蔵 米蔵氏(むさし・よねぞう=元岩手・川口小校長)

 18日午後11時5分、老衰のため盛岡市向中野の自宅で死去、99歳。盛岡市出身。火葬は23日午前10時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は同日午後1時から盛岡市仙北の長松寺で。喪主は長男保信(やすのぶ)氏。

 金ケ崎・三ケ尻小、岩手・岩瀬張小の校長も務めた。


 藤巻 金吾氏(ふじまき・きんご=旧三陸町助役)

 17日午後10時33分、悪性リンパ腫のため大船渡市内の病院で死去、89歳。陸前高田市竹駒町出身。自宅は大船渡市立根町字下欠。通夜は20日午後5時から大船渡市盛町の花祭苑、火葬は21日午前10時から大船渡市立根町のおおふなと斎苑、葬儀は21日午後1時から大船渡市立根町の安養寺で。喪主は長男敏光(としみつ)氏。

 89〜93年、旧三陸町助役を務めた。


 高橋 和雄氏(たかはし・かずお=元盛岡一高校長)

 11日午前8時25分、皮膚がんのため盛岡市内の病院で死去、63歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市緑が丘。火葬は14日午前11時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は16日午前10時から同市愛宕下の盛岡グランドホテルで。喪主は妻純子(じゅんこ)さん。

 胆沢高校長、県立図書館長も務めた。


 辻村 孝造氏(つじむら・こうぞう=元二戸・仁左平小中学校長)

 9日午前6時25分、肺炎のため一戸町内の病院で死去、96歳。二戸市福岡出身。自宅は二戸市福岡字高清水。火葬は11日午前9時から二戸市下斗米の斎場にのへで、葬儀は同日正午から同市福岡の善導寺で。喪主は次女上田洋子(うえだ・ようこ)さん。

 二戸・川又小中学校長も務めた。


 大竹 義文氏(おおたけ・ぎぶん=元・旧石鳥谷町長)

 7日午後9時38分、急性心臓死のため花巻市石鳥谷町八重畑の自宅で死去。91歳。花巻市石鳥谷町出身。火葬は9日午後1時から花巻市石鳥谷町好地の石鳥谷斎場、葬儀は13日午前10時から花巻市豊沢町の花巻葬祭センターで。喪主は長男成文(しげふみ)氏。

 1946年旧八重畑村職員。旧石鳥谷町住民課長、同総務課長を経て、71年同町助役。87年同町長に初当選し2003年まで4期16年務めた。


 斉藤 安弘氏(さいとう・やすひろ=元久慈・侍浜中校長)

 3日午前7時1分、肺炎のため久慈市内の病院で死去、82歳。久慈市出身。自宅は久慈市八日町。火葬は5日午後1時から久慈市夏井町の久慈地区斎場、葬儀は6日午前11時から久慈市大沢のメモワール・ノヴァ川貫館で。喪主は妻陽子(ようこ)さん。

 普代中校長も務めた。


 村上 一夫氏(むらかみ・かづお=とんかつむら八社長)

 5月30日午後11時40分、がんのため盛岡市内の病院で死去、78歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市神明町。火葬は2日午前11時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は6日午前11時から盛岡市大慈寺町の久昌寺で。喪主は長男知規(とものり)氏。


 佐藤 幸子さん(さとう・こうこ=佐藤光彦盛岡市副市長の母)

 5月31日午後8時、肺がんのため盛岡市内の病院で死去、86歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市本宮。葬儀は3日午前11時から盛岡市愛宕町のもりおか長安殿、火葬は同日午後1時半から盛岡市三ツ割寺山の市斎場やすらぎの丘で。喪主は長男光彦(みつひこ)氏。


 過去の訃報

トップへ